FC2ブログ
2018 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2018 12
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
うつのご家族が、うつ本人になってしまうことも珍しくありません。
2017/10/13(Fri)
S20171009湘南の夕陽
寒くなるまでにあと何回犬たちと来られるかな、と思い、
急に思い立って、行動に移しました。
ちょうどついた頃に、この夕陽と富士山が両方見られて、
なんてついていたのでしょう!




久しぶりにメールを頂いて、心配になった方がいらっしゃいます。


>今まで家族として、「みなと」に参加していましたが、
>昨日私もとうとう「本人」になってしまいました。


この一節を拝見して、驚いてしまいました。

ご主人の事も一生懸命に支えながら、自分自身も大切にしたいと、
取りたい資格をとって、めでたく転職も果たされたばかりでした。


この方のように、ご主人に一日も早くうつから回復して欲しいと、
一生懸命にサポートした挙句、自分の体調の変化に気がつかず
体調を崩してしまわれる方は、珍しくありません。


でも、ご家族が体調を崩して仕舞われると、
ご本人は、安心して療養に専念することが
出来なくなってしまいます。


うちの場合は、かつて夫がうつで10年間療養していた時に、
私が子宮頸がん擬陽性の診断を受けて、
夫も私も、更に精神的に不安定になったことがあります。


お子さんが小さいお宅では、
それぞれの実家に、お子さんを連れて帰らなければならない、と
言った一家離散というケースも出て来てしまいます。


うちの場合では、お陰様で、私は手術することもなく済み、
夫もその後、薬もやめることができ、
うつから回復でき今の「みなと」に至っています。



今回、うつご本人のために一生懸命サポートなさって
いらっしゃるご家族に宛てて初めて手紙をお送りしました。

一度ぜひご覧頂けたら幸いです。


そして皆さんの周りに、うつからの回復に長い時間が掛かっていて、
ご家族も大変なご様子の方がいらしたら、
こんな手紙があるけれど、読んでみない? と
この手紙をお渡し頂けたら嬉しいです。

薬と休養ではなかなか回復できないご本人は、
一体どうしたら回復できるのか?と
そばで一生懸命に支え続けているご家族のあなたへ。




スポンサーサイト
この記事のURL | 情報 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://utsunokazokuminato.blog62.fc2.com/tb.php/913-f182a77e

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。